【食欲を剌激し、健康を増進】

スパイスで夏バテ撃退

暑さでバテ気味なときには、あっさりした食事もよいですが、カレーのような香り豊かなスパイスを使った料理も食欲を刺激します。スパイスの使い道は多彩で、生活の中にI振り加えるだけで世界が広がります。健康効果が確認されたという報告もあります。

ハウス食品グループ本社によると、1年にカレーを食べる平均回数は男性で25回以上、女性で18回以上。外食や家庭を含めた国内のカレー全体の市場規模は6570億円(2019年)に上るという。

市販のカレー粉やルーにはスパイスが20種類以上ブレンドされている。「辛い」というイメージがあるが、カレー粉の中で辛いスパイスはトウガラシのみだという。中南米原産のトウガラシは、他のスパイスと比べて世界に広まった歴史は浅く、ハウス社の研究開発本部でスパイスの健康効果を 研究している中山英樹さんは「辛さはカレーの本質ではありません」と話す。

ブレンドされているスパイスのなかには、漢方の生薬として使われているものも多い。カレーらしい香をもたらすクミンは馬芹(ばきん)肉などのにおいを抑えるクローブは丁子(ちょうじ)として胃腸に効くとされる。近年、健康に効果があると報告されている。

例えば、シンガポールなどの国際研究チームは12年、55歳以上の約2500人を対象に生活習慣と健康状態の関係を調べたところ、カレーをよく食べる人は、あまり食べない人と比べて肺活量が高かった。喫煙者で比較すると10%の差があり、体内のダメージを抑える効果が示唆された。

ハウス社の中山さんは「カレーのスパイスには、抗酸化作用や炎症を抑える効果も確認されています」と説明する。

ハウス社広島大は、スパイスの入った普通のカレーとスパイスの入っていないカーレーを用意し、空腹時と食後で血管の弾力性の変化を調べた。一般的に、食後は酸化ストレスなどによって低下し、その後元に戻る。弾力性の急激な変化や、長年の酸化、ストレスの蓄積は動脈硬化などのリスクとされる。スパイスなしのカレーを食べた人では、食前に比べて食後は弾力性が低下した。一方、スパイス入りのカレーを食べた人では、食後の方が弾力性が高くなった。

また、ハウス社と京都大によるヒトの細胞に微小粒子状物質PM2・5を加える実験では、細胞の培養液にカレー粉の抽出液を加えると炎症を抑えられた。炎症を抑える効果は、クローブやウコンなどの単体のスパイスでも確認されているという。

とはいえ、毎日、カレーを食べ続けるのは無理がある。どうすれば日常的にスパイスを取り入れられるだろうか。

インド・スパイス料理研究家で料理教室を主宰する香取薫さんは、初めて取り入れるスパイスとしてホール(粒)のクミンとカルダモンを勧める。クミンは一般的なスーパーで、カルダモンは輸入食材が多めのスーパーであれば扱つているという。

「クミンはあらゆる炒めものに使える。焼きそばなんかにも合いますよ」と香取さん。油を熱しているところに小さじ1杯のクミンを入れ、あとはいつもの味付けで。トンカツや唐揚げといった揚げものの衣に混ぜるといった使い方もでき、香りが加わつて目新しくなるという。

また、カルダモンはいろいろな飲み物に合わせられる。つぶす必要があるが、すり鉢やすりこぎは不要で、香取さんは「まな板に置いて、めん棒などで軽くコリコリとつぶし、割れれば十分」と説明する。コーヒーに入れると、ひと眛違った昧わいになる。カルダモンコーヒーはサウジアラビア など中近東で飲まれている。また、紅茶やかんきつ系のジュー・スとも相性がよいという。入れる量は1杯に2、3つまみ程度だ。(野中良祐)



(出典:朝日新聞、2020/08/22)

戻る