【「正しい医療情報」はどう選ぶ】

ヘルスリテラシー

「なんとなく体調不良が続くけど、どうしてだろう」「家族が病気らしいが、どんな治療がいいのか」……。医療や健康にまつわる情報を求める時、まずはインターネットで検索するという人は多いはず。ところが、膨大な検索結果の中には正確でない内容が交じっていることも。あふれる情報の見極め方を探ります。

ネットを使えば、国や研究機関が発信する医療健康情報を誰でも知ることができる。一方で、科学的根拠(エビデンス)に裏付けられた標準的な治療とは異なるものや、効果があるのか怪しい商品の広告にも簡単に行き当たる。

「後々になって後悔したり、健康被害につながったりしないよう、情報をうまく見極め、意思決定していく必要がある」と聖路加国際大大学院看護学研究科の中山和弘教授は話す。

医療健康情報を集めて活用する力は「ヘルスリテラシー」と呼ばれる。日本人のヘルスリテラシーを点数化すると、他国よぴ低い傾向にあるという。

中山さんらは、国内の1054人を対象に、ヘルスリテラシーを測る調査を実施。「治療に関する情報を見つける」「急病時の対処方法を知る」などの項目について難しいと感じるかどうかを尋ねたところ、47の全項目で、難しいと答えた人の割合がEU8力国の平均を上回った。「メディア(インターネットを含む)から得た病気に関する情報が信頼できるかどうかを判断する」については、73%の大が難しいと感じていた(EUでは49%)。

ネットの医療情報の信頼性を見極める方法として、中山さんは五つのポイントを挙げる(図)。医師が書いているというだけでは信頼できないこともある。ウェブ広告では「PR」と小さく書かれているケースも見逃さないよう注意が必要だ。ニュース記事に似せた広告もある。

信頼度の高い根拠があるかも重要だ。少数の体験談や専門家の個人的な意見、「こんな患者がいた」といった報告はエビデンスのレベルが低い。多くのデータに基づいた論文になって学術誌に載り、第三者の査読も入っていれば信頼性が高いという。

「不ット以外にも、テレビや新聞、広告、ロコミなど、医療情報は色々なところにあふれている。これら5項目をチェック、してみましょう」と中山さんは話す。

一方、最近はSNSも身近な情報源だ。ツイッターで専門家をフォローしたり、フェイスブックで患者同士のグループを作ったりすることもできる。しかし、補完代替医療や健康食品などに詳しい島根大医学部付属病院臨床研究センターの大野智教授は「クローズドになりやすいSNSの世界では、怪しい情報を誰もチェックできないこは、怪しい情報を誰もチェックできないことがある」と指摘する。

また、SNSは似たような考え方の人ばかりが集まりやすく、誤った情報への信頼が強化されやすい。自分でも知らないうちに、バイアス(先入観や偏見)に陥りがちだという。

本来はヘルスリテラシーの高い人でも、病気や不安に襲われている時には注意が必要だという。例えば、大病だと診断され、もう手立てがないなどと言われたら? 誰でも冷静さを保つのは難しいだろう。「そんな時は一人で悩まず、主治医や医療機関の相談窓口など、ネットの外で幅広く意見を求めることを忘れないでほしい」と大野さんは話す。

医療健康情報は、集めただけで終わりではない。「どの病院を受診するか」「どんな治療を選ぶか」といった決定が伴う。「複数の選択肢を比べ、長所と短所を洗い出し、必要に応じて専門家にも相談しながら何を選ぶのか決めるプロセスを進めてほしい」と中山さんは話す。(松本千聖)



(出典:朝日新聞、2020/02/08)

戻る