【「樹木の恵み」で健康増進】

森林を歩く

暑すぎず寒すぎず、森林を歩くのによい季節。森林浴をすると、いやされる気持ちがするが、それを科学的根拠にもとづいて行い、健康効果を生み出すのが、「森林セラピー」だ。

森林セラピーの効果でわかっているのは、疲労などストレス状態の改善、副交感神経の活動が高まることで得られるリラックス、血圧の安定、食欲増進、免疫力を高めるナチュラル・キラー(NK)細胞数の上昇、などがある。

特定非営利活動法人「森林セラピーソサエティ」は、森を歩いた後の心拍間隔の周期的なゆらぎを測定する実験によってリラックス効果を調べ、効果が実証された森林について「森林セラピー基地」と「森林セラピーロード」に認定している。

神奈川県大井町にある未病改善施設「ビオトピア」は、敷地の森にある遊歩道5・6`の一部がロードに認定されている。10月末に訪れ、森林セラピーを体験した。

地元の食材や農産物などの販売所やレストランがある施設の横から、森林の遊歩道へおりる道がある。準備体操をしてから、森林セラピーガイドの溝口満弘さん(62)の案内で、森に入った。効果を得るために重要なポイントは「五感を開くこと」。見る・聰く・嗅ぐ・触る・味わうの五つで、森を歩きながら働かせる。さらに、樹木が発散する化学物質「フィトンチッド」を体に取り込むことを意識することが大切だという。フィトンチッドは、精神の安定やリラ ックス効果を高める。

大木に囲まれた遊歩道に入ると、すぐに鳥の鳴き声が耳に入ってきた。穏やかな風が吹くと、枝葉のこすれる音が。目を閉じて耳をすましてみた。上を見上げて、10分くらいじっと眺めた。枝葉が揺れる様子を見つめていると、心拍のゆらぎが起きるという。歩きながら、道の両脇の大木の幹を手で触ったり、抱きしめたりして、「触覚」も感じた。

鼻で息を吸い込みながらおなかを膨らませ、口で吐きながらおなかをへこます腹式呼吸をして、フィトンチッドを吸い込んだ。溝口さんが、枝切りばさみで小枝や葉を切り、渡してくれた。ビオトピアの森はだれでも自由に散策できるが、枝や葉を切ったり、実をとったりするのが認められているのは、ガイドだけ。

切り口をすぐに嗅いでみると、かすかに匂いを感じる。トマトに似た匂いや、甘い匂いなどさまざま。コブシやヤブニッケイ、クスノキでそれぞれ違う匂いだ。溝口さんは、「中には、いやだと感じる匂いもある。自分の好きな匂いを嗅ぐことが大切」と教えてくれた。

マットを地面に敷いて寝転がった。この「安息」もポイントの一つという。10分間の前半は目を開けて、小枝や葉の揺れる音や鳥の鳴き声を聰きながら、上空をぼんやり眺める。後半は目を閉じた。溝口さんは、森林セラピーを始める前に参加者から体調を聞き取って状態を把握し、ストレスや疲れが多い参加者がいるときには、安息の時間を長めにとるという。

最後に、溝口さんが木に実ったミカンを切って渡してくれた。五感の「味わう」も体験。果物の本がない森林なら、持参してもよい。

森林セラピーソサエティによると、NK細胞の効果は1ヵ月ほど続くとされている。そのため、月1回は森林セラピーを体験し、週1回は自宅近くの林や森がある公園を歩くのもよいという。

後日、東京都心に近い森林公園に行ってみた。遊歩道の多くはアスファルト舗装されているものの、鳥の鳴き声も聞こえるし、大木もあって幹を触ったり抱きしめたりすることができた。もちろん、幹や根を傷めないよう注意が必要だ。(神田明美)



(出典:朝日新聞、2019/11/23)

戻る