【サイズとデザイン 見極めて】

体形にあったパンツ

気に入ったパンツとなかなか出会えない読者は多いのでは。加齢とともにお腹が出たり、ヒップがたるんだりと体形のくずれも加わり、パンツ選びは至難の業。ポイントは、デザインと無理のないサイズの見極め方だという。

スタイリストの植村美智子さんは、「デザインで体形をカバーすることは可能です」と話す。年齢を重ねるとどうしても出てきてしまうのがお腹。ついウェストがぐるっとゴムのパンツを選びたくなるが、「ゆるんだシルエットになり、おしゃれ感がなくなります」。サイドのみなどゴムを一部にとどめることで、すっきり見えるという。腰幅が広い人は、タック入りのパン ツで生地に動きを出せばごまかせる。かちっとした素材だとヒップの幅が強調されて、全体的にどっしりと見えるため、柔らかめがおすすめだ。

腰まわりだけでなく、足にコンプレックスのある人も多い。太ももが張っている人は、ひざから足首にかけて細くなるテーパードパンツなら、ひざ下のほっそり感が足全体を牛レイに見せてくれる。逆に、やせすぎていたり、足の形が曲がってきたりしたら、ぴったりしたパンツは避け、ワイドパンツでカバーするのが無難だという。

パンツとのコーディネー卜も重要だ。だが、お腹やおしりを気にするあまり、つい手が伸びてしまうチュニックは、一気に「おばさん風」になってしまう。「チュニックのことはもう忘れてください」と植村さん。今はパンツのウエストにトップスをインする着こなしがはやりだが、「『ウエストにインはダサい』と言われてきた世代には抵抗がある」ため、裾を出してもす きり見えるショート丈のニットがおすすめだ。どうしてもおしりまわりを出したくなければ、いっそのことワンピースと合わせるのも手だという。

パンツ選びが難しいからこそ「はける」パンツは貴重なもの。だが、「サイズ選びに失敗している人がたくさんいます」と伊勢丹新宿店のフィッティングアドバイザーの橿渕(かしぶち)麻衣子さんは指摘する。「私は7号」などと思い込み、はけただけで「自分サイズ」と安心してしまう人が多いのだという。「同じサイズ表記でも、ブランドによってウエストとヒップの位置など作りがかなり異なります」

試着したら、まずは「正しい位置ではくこと」が重要だという。間違いで多いのがローライズのパンツをウエストまでひっぱってはいてしまうケース。そうすると、股の部分かひきつれてしわになったり、ウエストがゆるくなったりしてしまう。どの位置ではくデザインなのか、「ぜひ販売員に聞いてください」と橿渕さんは話す。

正しい位置ではけたら、いよいよチェックの始まりだ。ローライズのパンツでどうしても出るウエストのゆるみは、手がちょうど入る程度なら許容範囲。太ももがぴったり入る程度なら許容範囲。太ももがぴったりしすぎてしわが入ってないか、サイドのポケットが開いていないかを確認する。

そして「必ず後ろ姿をチェックしてください」と橿渕さん。自分では見えないが、他人からはよく見られているのが後ろ姿。きつくておしりの部分かひきつれていたり、下着のラインが目立ったりしていないか、逆にゆるくて「たるみ」ができていないかをチェックする。細身のパンツの時はふくらはぎがぴったりしすぎていないかも要チェックだ。

最後に、横からの姿を確認。ヒップやお腹が気になったら「絶対にガードルです」という。「お腹のお肉を抑えるのか、ヒップを持ち上げるのか。体形に合わせてガードルを選ぶと(パンツスタイルが見違えるように変わります)。自分に似合うパンツとの出会いは「自分がパンツに合わせる」ことでも実現できるのだという。(田中聡子)



(出典:朝日新聞、2019/09/28)

戻る