【虫歯と歯周病どう防ぐ】

シニアの歯みがき

食べ物をよくかんで食べるには年を重ねても歯の健康を保つことが必要だ。厚生労働省が2016年に行った歯科疾患実態調査によると、80歳になっても自分の歯が20本以上ある人の割合が51・2%となり、初めて5割を超えた。「8020運動」の成果と言えるが、高齢になると、口の中の環境が変化したり、手や指の機能が衰えたりすることもある。いつまでも歯の健康を守るため、歯みがきをする時にはどんなことに注意をしたらよいのだろうか。

歯を失う2大要因はむし歯と歯周訶だ。いずれも口の中が清潔に保たれていないことが原因となる。

むし歯ができやすいのは、歯のかむ面の溝や歯と歯の間、歯ぐきの境目、歯の根の部分(歯根面)だ。歯根面は通常は歯ぐきの中に隠れているが、細菌によって歯ぐきに炎症が起こる歯周病が進むと露出する。歯根面は、歯の頭部のようにむし歯になりにくいエナメル質で覆われていないため、露出した場合にはむし歯になりやすい。

「公益財団法人8020推進財団」の広報委員で、東京歯科大学客員准教授の高柳篤史さんは「高齢者では歯根面のむし歯で歯を失うリスクがあることを理解して、日ごろから歯周病とむし歯の予防を意識してほしい」と言う。

歯周病を防ぐためには、歯と歯ぐきの間の汚れをしっかり取り除く。前歯の内側は歯ブラシを縱に持ちかえ、毛がついている歯ブラシの「ヘッド」の先端や後ろ側を使うなど、歯の場所に応じて歯ブラシの持ち方や使う部分を変えてみがくとよい。

歯ブラシ選びもよく考えたい。毛先の硬さや形、ヘッドの形や大きさが異なる、様々な種類のものが売られている。

瓱さを左右するのは主として毛の太さだ。細いほど軟らかく、太いほど硬いと感じる。細かいところへの届きやすさでは毛先が細く、軟らかいほうが優れ、汚れの落としやすさでは硬いほうが優れている。

「軟らかい歯ブラシは汚れを取り除く清掃効率が低いので、時間をかけて歯みがきをする必要がある。逆に硬い歯ブラシは清掃効率が高いが、歯ぐきなどに過剰な力が加わりやすく、歯ぐきが傷ついて下がることに注意が必要だ。それぞれの特徴を知ったうえで使ってほしい」と高柳さん。

ヘッドが小さい歯ブラシは口の中で操作しやすいが、手や指の機能が低下した場合にはヘッドが大きいほうが汚れを落としやすくなる。歯ブラシを持つ指に力が入りにくい人は柄の太いものを選ぶとよい。

むし歯予防にはフッ素濃度の高いハミガキ(歯みがき剤)が効果的だ。ハミガキに含まれるフッ素の配合量の上限は従来1千ppmだったが、厚生労働省が17年に1500ppmを上限とする製品を承認した。

むし歯の予防効果を高めるためには、フッ素を長時間口の中に留める必要がある。@歯ブラシのヘッド(長さ2a)の3分の2以上にハミガキをつけるAハミガキが歯列全体にいきわたるように2分間以上ブラッシングするB口のすすぎは少量の水で1〜2回にとどめるC歯みがきは1日2回以上、うち1回は就寝前に行い、みがいた後2時間くらいは飲食をひかえるIことがポイント。すでに歯ぐきが下かっている人はフッ素入り(ミガ牛でむし歯になりやすい歯根面をむし歯から防ぎ、歯と歯ぐきの間の汚れもしっかりと落としたい。

埼玉、茨城両県の歯科医院で口腔ケアや歯みがき指導をしている歯科衛生士の倉持恵美さんは「口の中の汚れを残さないようにしっかりすすぎたい人もいるが、なるべくフッ素を残すことが大事。最初はハミガキを少しだけつけて時間をかけてみがき、最後の2分間にハミガキをたくさんつけ、最後は軽く1回だけすすぐというやり方もある」と言う。(出河雅彦)



(出典:朝日新聞、2019/09/14)

戻る