【運が良ければ「トリュフ発見」】

キノコ狩り

秋は行楽シーズン。楽しみのひとつがキノコ狩りだ。私も山々に抱かれた岩手県で勤務していた駆け出し記者時代、取材先から「行かない?」とよく誘われた。

でも、キノコは決して秋だけのものではない。なにしろ日本には、わかっているだけで約3千種のキノコが自生する。キノコ狩りも、実は四季を通じて楽しめる。

栃木県壬生町にあるキノコの種菌生産会社「北研」。川賜健市会長は子どものころから父親とキノコ狩りによく行った。

「野山に入って、宝探し。珍しいキノコに出会う感動は何にも代えられません」

壬生町など県中南部でなじみ深いキノコを尋ねると、「春はウメハルシメジ、夏はチチタケ、秋はウラペニホテイシメジ、サクラシメジ、マツタケ、冬はエノキタケ‥‥。名前が次々にあがっだ。

とくに夏に採れるチチタケは古くから県民に親しまれ、炒めてうどんに入れると、いいダシが出るという。傷つけると乳白色の液体がしみ出るのが名前の由来。地元では「チタケ」とも呼ばれている。

秋のウラベニホテイシメジは同県内でも南部の足利市や、隣接する群馬県桐生市など「両毛地区」で好まれるそうだ。

かさの直径が7〜15aと、ボリュームだっぶり。「独特の苦みがあり、ほかの地区の人はほとんど食べない。まさに足利市やその周辺の『ソウルフード』です」

そう話す川嶋さん自身、桐生市で生まれ、足利市で育った。キノコ狩りは各地のソウルフードと出会える行楽でもある。

日本では近年、各地でトリュフの仲間が採れ、話題になっている。栃木県でもイボセイヨウショウロやホンセイヨウショウロが見つかっているという。

北研・食用菌類研究所の大前宗之・主任研究員は「もともとあったが、日本にはトリュフ文化がなく、探す人がいなかっただけだと思います」。運がよければ、そんな高級食材に出会えるチャンスもある。

キノコは古来、健康食とされてきた。東京農業大の江口文陽教授(キノコ学)は、キノコの生体への働きなどを研究する。

キノコの特徴のひとつが低脂質、低たんぱく質である一方、食物繊維を多く含むことだ。カロリー制限が必要な人の食材に適しており、腸の働きの低下で起こる便秘や低体温症などの症状改善にもつながる。

また、キノコはカリウムなどのミネラルが豊富。人は体内でこうした微量元素をやりとりする’ことで、体のさまざまな機能を調節しており、幅広い効用が期待できる。

野山を歩いて体を動かし、採ったキノコを食べてを食べて健康増進。よいことづくめに思えるキノコ狩りだが、大きな「落とし穴」が濳んでいる。誤って採った毒牛ノコを食べて起こる食中毒だ。

  厚生労働省によると、2012〜16年の5年間、キノコが原因の食中毒患者は年間85〜166人と、決して少なくない。一昨年と昨年は40人台に減ったものの、まれに亡くなることもある。

特徴的なのは、食中毒の患者が9〜10月に集中していることだ。キノコ狩りのシーズンはやはり秋、ということだろう。

江口さんに、キノコ狩りで守らなければいけない「鉄則」を聞いた。

第一にキノコに詳しい人と行き、確実に知っているキノコだけを採る。「怪しい」と思ったキノコは絶対に採らない。

次に、採ったキノコは種類ごとに別々の紙袋に入れる。誤って毒キノコを採っても、胞子や菌糸が別のキノコに付着せず、食中毒の危険を大幅に減らせるからだ。

もちろん、乱獲は厳禁だ。

「キノコ狩りは、自然の恵みに触れる絶好の機会。自然の素晴らしさを感じる心を育んでほしい」と江口さんは話す。(上田俊英)



(出典:朝日新聞、2019/09/07)

戻る