【肩の痛み、どうします?】

つらい五十肩

40代になってから、私の肩の調子がよくない。高い所のものを取ろうと腕を上げると、ピリピリと痛みが。「五十肩」とはよく聞くが、「四十肩」もあるのか。

「四十肩も五土肩も発症した年齢が違うだけで、本質的には同じです」

そう話すのは、独協医科大名誉教授で東都文京病院(東京都文京区)の玉井和哉副院長。江戸時代の文献にはすでに「五十肩」という言葉が使われていたという。医学的には「凍結肩」「肩関節周囲炎」と呼ばれる。肩の関節を構成する滑膜、靭帯、腱などに炎症が起き、関節を包む袋が縮こまり、動きが悪くなった状態だ。

発症して間もないころは、痛みが主な症状だが、数力月ほどだつと、関節が硬くなり、凍ったように肩が固まってしまう。40〜50代の中年に多いが、なぜ起きるのか、どうやったら治るのか、はっきり分かっていないという。

半年から2年ほどで痛みが自然に引くのが特徴だ。動かした時だけでなく、夜も眠れないほど痛むことがある。痛みがつらいときは、炎症を抑える薬や関節注射などで治療をする。痛みが落ち着いたら、運動療法で関節が硬くならないようにする。

玉井さんが勧める運動法が「五十肩体操」だ。症状のある腕を下に向けて回す「振り子運動」や、あお向けになって腕を頭の上に伸ばす「挙上運動」などは、筋肉をリラックスさせ、縮こまった関節をゆるめる効果があるという。医師の指示に従って、組み合わせる。ただ、玉井さんは「これをすれば、五十肩を予防できるというものはない。痛くなり始めたら、運動を避け て安静にし、早めに医師に相談を」。

中高年の肩の痛みは、五十肩だけではない。肩の周りの腱が切れる「肩腱板断裂」の場合もあり、「五十肩と双璧をなす」と玉井さん。「腕が上がらない」「肩が痛い」といった五十肩とよく似た症状のため診断が遅れ、悪化することもある。

川崎市立川崎病院の中道憲明・整形外科担当部長によると、腱板とは肩を動かす四つの筋肉のことで、この腱が一つ以上損傷した状態が肩腱板断裂だ。「40〜50代では極めてまれで、高所からの転落や交通事故のほか、テニスやゴルフなどのスポーツでなることがある」。ただ、高齢者は老化で徐々に切れることもあるし、庭の植木鉢を運んだり、孫をだっこしたりといった日常の力仕事がきっかけになることもある。

切れた腱板は自然には元に戻らない。放っておくと断裂が大きくなり、強い痛みが悪化する。 痛みがひどい場合は、手術でつなぐこともある。X線検査でも分からないので、MRI検査をしないと発見は難しい。中道さんは「整形外科医でも見誤ることがあるが、比較的に簡単に見分ける方法がある」という。

あお向けに寝て腕を伸ばしたまま頭上に上げる「背泳ぎテスト」だ。五土層では顔の前までしか上からないが、肩腱板断裂では、90度付近で痛みを感じるものの、さらに頭の上まで上がるという。「腱が切れると筋力が低下するが、重力が少ない状態であれば、腕は上がる」

私の場合は、X線検査で腱板付近に白い影のようなものが。何らかの原因でリン酸カルシウム(石灰)が流れ込み、炎症が起きる「石灰性腱炎」だった。石灰がたまって膨らむと痛みも増し、激痛が生じることも。まずは、抗炎症薬とステロイド剤の注射で様子をみたが、ひどいときには手術で石灰を吸引することもあるそうだ。

「かつては肩が動かない症状を総称して五土肩と呼んでいたが、原因が分かった肩腱板断裂などが別の病気として、のれん分けされた」と中道さん。痛みは放置せず、早めに専門医に診てもらうことが大事だ。(北林晃治)


(出典:朝日新聞、2019/08/03)

戻る