【乱れる原因は生活必中に】

姿勢がいい人は、いくつになってもかっこよく見える。歩き方や立ち方ひとつをとっても、自信がありそうな雰囲気になる。見た目の問題だけでなく、姿勢が悪いと肩こりゃ腰痛といった体の不調にもつながる。そもそも「正しい姿勢」とは、どのようなものなのだろうか。

自分の姿勢を簡単にチェックできる方法を教えてもらおうと、神奈川県や東京都でヨガ講師をしている森脇じゅんさんを訪ねた。体の余計な力を抜き、壁を背にしてまっすぐ立つ。つま先を正面に向け、両足はそろえた状態で背中は壁にくっつける。あごをひき、後頭部もつける。

「このとき、背中側の腰の少し上のスペースに手のひら1枚分入ればいい姿勢ですね」と森脇さん。手が入らなかったり、スペースがなかったりする人は「猫背」だと指摘する。逆に、スペースがあきすぎている人は「反り腰」だ。猫背の人は、重心がかかと側にいきがち▽あごを前に突き出す▽太ももの裏側が張りやすい。一方、反り腰の人は、重心がつま先側にいきがち▽胸を前に張り出す▽太ももの前や横が張りやすい、などの特徴がある。

姿勢が乱れる要因は、普段の生活のいろんな場面に濳んでいる。例えば、何げなくさわっているスマートフォンの操作もその一つ。医療衛生用品メーカーのヒップが調べたところ、スマホを使い始めて感じる体調不良の約半数が、肩と首の部分のこりだった。顔の斜め下の画面を見つめ、やや前のめりの姿勢で操作するため、肩が前に入り込む「巻き肩」になりやすい。体の前側の筋肉が縮こまり、こりや疲労感だけでなく、呼吸が浅くなることで息苦しさにもつながる。稲毛病院(千葉市)の整形外科医で産業医でもある佐藤務さんは、肩を上下に動かしたり回したりする運動や、首の筋肉を鍛える運動を勧める。

職場でノートパソコンを使う際も要注意だ。画面をやや見下ろす姿勢になり、背中が丸まりがちになる。別のモニター画面を使ったり、専用のスタンドを使ったりして目線を上げる工夫をするといい。他にも、家で掃除機をかけたり、台所で料理をしたり、前かがみになる姿勢は意外と多い。

左右のバランスも大切だ。重い荷物が入った買い物袋やカバンを持つときは肩や腕を左右で替える。椅子に座って足を組む際は、そもそも組むのを控えるか、組んだとしても左右交互を意識したい。

歩き方はどうか。まっすぐな姿勢で歩けば、ももの張りやおしりのたるみもなくなるため、見た目も美しくなる。足の動かし方も大切だ。ひざを内側に向けないよう、足の裏やおしりの筋肉、インナーマッスルを使うことを心がけたい。とはいえ、いきなり体幹や筋肉を鍛えるトレーニングをすると、かえってひざや腰などを痛めかねない。負担を和らげるサポーターを活用しながらがお勧めだ。

一般社団法人・姿勢サイエンス協会の代表理事、木津直昭さんは企業向けに座り方やデスクワークのセミナーを開いてきた。座っている時間が1日12時間という企業もあった。「座っているときは体の軸が崩れやすい」と、猫背や反り腰につながる危険性を指摘する。木津さんによると、男性はイスからずりおちそうな座り方をしている人が多い。この場合、まずは「骨盤を立てる」イメージを持つ。おしりの下に数回たたんだバスタオルを敷くと楽にできる。

注意したいのは「一見いいように見える姿勢」だ。例えば、イスに浅めに腰掛け、背筋を伸ばした座り方だが、胸を開こうとすると背中から腰が反り、負担がかかってしまう。木津さんは「猫背を直そうとしたときに、腰を反らさないで胸を開くことができるか。そこがポイントです」と話す。(戸田政考)


(出典:朝日新聞、2019/04/20)

戻る