【マスクのかけ方 バランス調整や素材で引っ張る力を分散】

花粉症に悩まされる季節です。地域差はありますが、2月からスギ花粉の飛散が始まり、ヒノキ花粉の飛散は4月ごろまで続きます。対策の一つはマスクの着用ですが、ずっとつけていると耳が痛くなることがあります。これを防ぐ方法を調べました。

「マスクのひもをかける耳の付け根に引っ張る力が集中しないことが大切」と話すのは、ユニーチャームで不織布製の「超快適マスク」の開発に10年以上携わってきた柴田彰さん(49)だ。人の顔を研究して、これまでに500種類以上のマスクの試作品を作ってきた。

マスクを口に当てて、ひもを耳にかけただけでは耳の上下のいずれかに、ひもの引っ張る力が偏ってしまう。そこで、耳たぶ付近からひもと耳の間に指を入れて、耳をなぞると上下の力のバランスがとれるという。マスクをつける前に、ひもを軽く1、2回伸び縮みさせることも効果がある。

ひもの太さもマスク選びに重要な要素だ。太いほど力が分散されやすく、「超快適マスク」は2aほどある。一方、多くのマスクのひもの太さは3ミリほどだ。マスクの着用時にはひもが引っ張られて2・5_ほどまで細くなり、さらに大きな力が耳にかかってしまう。このほか、柴田さんは「自分の顔の形やサイズに合ったマスク選びも重要だ」と話す。

せっかくマスクをつけても隙間があると花粉が入り込んでしまう。これを防ぐためには、顔との隙間を少なくするようマスクに折り目を入れると良い。まずマスクを半分に折って、上部を鼻の高さに合わせて折り返す。さらにプリーツを広げ、鼻からあごの下まできっちりと覆うことで、マスクと顔をできるだけ密着させる。ユニーチャームの実験では、こうしてマスクと顔との隙間を減らすことで、花粉のブロック効果は4倍ほど高まったという。

仕事などで離れられないときに痛くなった場合はどうするか。インターネット上では、耳にかける左右のひもを事務用のクリップでつなぎ、後頭部に回す応急処置が紹介されている。(杉本崇)


(出典:朝日新聞、2019/03/23)

戻る